自分をもっと大切に

完璧ママにならなくて大丈夫!

手抜きも大事なポイント

共働きの家庭が増えた事に伴い、男性が家事、育児をして当然といった風潮になりつつあります。これは男女平等と言われる世の中で働く女性にとって追い風となる考え方であり、より女性が社会進出しやすくなる良い傾向です。

しかし実際の共働き夫婦のほとんどは「家事、育児は女性の仕事である」という過去の在り方を捨て切れていないというデータがあります。これは一般的に男性の方が出世を意識するために、それに伴った付き合いや残業で帰宅時間が遅くなるからというのが原因の一つとして挙げられます。その為、共働き家庭のほとんどの女性は、家庭と仕事の両立に追われているのが現状です。

こうした状態では女性の負担は非常に重くなる一方であり、最近では上手に手をぬくと良いといったアドバイスが様々な雑誌やネットに掲載されています。特に仕事と育児に力を入れる代わりに、他の掃除、料理、洗濯等を上手に手抜きする事のすすめです。

家庭と仕事の両立で悩む女性の多くは性格的に真面目で、なんでも一生懸命やろうとします。ずっと全力で頑張る姿勢は素晴らしいですが、そうした完璧主義は最終的に自分を追い込むことになります。
家事を助けるサービスはたくさんあるため、追い込まれる前に積極的に利用しましょう。料理であればあらかじめ下ごしらえされた食材を配達してもらったり、また洗濯であれば郵送でやり取りするクリーニングもあります。掃除に関しては子供が怪我する恐れがある物だけ毎日片付けたら、後は休日に家族で協力して掃除をするといいでしょう。忙しさのストレスでギスギスしていると、自然と周りに伝わってしまいます。このように少し頑張り少し手抜きを入れるバランスを保ち、自分自身と家族が笑顔になれる道を探すことが大切なのです。

▼▼関連リンク▼▼
「家庭と仕事の天秤」:http://balance-homeandwork.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です